通関士の資格に挑戦しよう

コーヒーを飲む女性

 

通関士という仕事を知っている人は少ないかもしれませんが、通関士と輸出入の際に通関手続きを行う際に代行する人のことです。
資格は国家資格であり難易度も難しいです。
仕事の内容は海外から貨物が届いたら必ず税関を通らなければ行けません。
そこでは貨物に関税がどのくらい掛かるのか輸出ができるかどうなのかを判断審査をしなければいけないのですが、そのチェックをするのが通関士の仕事です。
ただし一つ気をつけなければいけないことがあり資格を取ればすぐに働くことはできなく税関長から許可を得ることができなければ仕事をすることができません。
まず通関業者に就職をし通関業務の仕事を経験しなければいけないのです。
そのため資格を取ってから楽になるのでは無く、資格を取ってからが忙しくなる仕事だと思ってもらっても大丈夫だと思います。
通関士の資格を取って給料がとても良くなることはありませんが、資格の手当がもらえるので給料アップすることは確実になると思います。
通関士の資格の合格率はとても低く最近は一台が多いです。
昔までは2桁をキープしていた頃がありましたが、試験内容が変わってしまい、内容も少し難しくなってしまいました。
その影響もあって合格者数は減ってきています。
しかしマークシート方式になったのでしっかりと勉強をすれば点数を取ることができるようになっています。
試験勉強に関してはとにかく過去問題集を片っ端からやるのが一番の近道だと考えられますので挑戦してみてください。